KUMHOのV700を使い切った感想

どうも、おれです。

KUMHOのV700をほぼツルツルまで使ってみました。

もともと溝少ないタイヤなので、ちょっと走ると結構減ったな・・・という印象ですが、実際のところは・・・

 

もちろん結構減ります(笑)

スリップサインに路面がまだタッチしてないからまだもう2本くらいイケるんですかね?
まだ2分山?(笑)

 

使い方は以下の感じ

とりあえず昨年の東北ナンバーワンで現地で新品おろして、20分×2本+20分くらいのレース。
帰りはまた転がしタイヤに履き替えて戻ってきました。

雨の袖ヶ浦フォレストレースウェイを20分×4本。

ドライの袖ヶ浦フォレストレースウェイを15分くらい×6本。

袖ヶ浦フォレストレースウェイへの行き帰りは近いのでV700でしました、と。

こんなもんですよ。

スポーツタイヤにライフを求めてはいけませんね(笑)

次のタイヤは、昔のインチキタイヤ今は普通タイヤ、でおなじみのTOYOのR1Rにしました!

安いので!
断然安い!
V700の半値じゃない?もしかして!
半値だけど半分も遅くなるわけじゃないので安いほうでオッケー(笑)

5月30日の東北ナンバーワンはこれで行きます。

横浜からそのまま履いて行って、レース走ってそのまま帰ってきます。

マイカー遊びはこうじゃないとね!

おすすめの記事