やっと帰ってきた

タイトル画像、こいつにやられました。
こいつ、アルミ鋳造のエンジンからラヂエタに行く冷却水取り出し口なのですが、鋳造の質が悪く、スから冷却水が染み出してきやがる(怒)

なんで使ってたかというと、社外水温センサーを取り付けるアダプターを付けたかったからなんですが(純正はプラなのでアダプターをつけられない)、やっぱりダメだった。

当初はホースの飲み込み部分から染みていたので、タイトル画像のように接続部分をカットしてアルミパイプを溶接しましたが、溶接ビードの際のスから染み出すことに。2、3度チャレンジしましたが、染み出す場所が移動するだけで意味がないという結論に達しました。
鋳造の型の質や母材の質、鋳造自体の温度管理など、技術的に難しいんでしょうね。不純物が混入していて熱が入るとその不純物が焼失して水みちになってしまうのでしょう。

ということで、横浜の自称好青年アイフィーリン(http://www.i-feelin.com/)の八木さんがアルミビレット削り出しのものをメリケンから取り寄せようプロジェクトを立ち上げ、英語が堪能でメリケンのREコミュニティに顔の効くお友達を頼って個人輸入にチャレンジするものの、メリケンの杜撰な物流で紛失w
やっぱりメリケンはデクノボウですわ。

ということで、さらに八木さんのお友達、知る人ぞ知る埼玉のスーパーメカニックGCW(http://www1.vecceed.ne.jp/~katsuyo/)を頼って製作!
こないだの東北遠征も遊びに来てもらって感謝感謝♪


うーん美しい☆
やっぱメイドインジャパン、というかメイドイン埼玉
なんか気持ち水温の上がりが遅くなったような(気のせい)

いやー治った治った
と思ってたけど、違った。
ブーストの安定はまだ手つけれてないぞ(怒)
とりあえずアクチュエーターの設定は変えたのでそれのチェック〜

今日は来週のIdlers12H耐久の参戦チームAHWのお手伝いの最終打ち合わせだから、チェックは再来週(;_;)
大した事無い事なのになかなか前に進まない。。。

おすすめの記事