お買い物車のRX-8が修理から帰ってきた

ども、所有車両が故障つづきのおれです。

それなりに古い車なのでそれなりにトラブルはありますよ。
エイトなんておれの中では最新車なのに(笑)税金上がってるし!

物を大切にすることに罰金課すなんて、愛すべきわが国は本当にどうなっているんだ、と。
おじさんは怒っています。

さて、今回のトラブルは冷却水ラインの漏洩!
あの甘いにおいが漂うアレです。

うちのエイトは親しい人を介して個人売買で入手したのですが、完全にノーマルというわけではなく、少しばかり社外パーツがついていました。

外装、マフラー、水温計、追加オイルクーラー、冷却サブタンク、ファンコントローラー、車高調といったものがついてました。
とりあえず抜けぬけの車高調は不快な上に操安性に難あり、ということでポイッ(笑)純正戻し。
その他はとりあえず不快でなくかつ車検通れば・・という感じで使ってます。

かれこれ2年ほど乗ってるんですが、冷却水漏れのトラブルが発生して、この度修理となったわけですね。
「改造車」ながら近所のディーラー「マツダオートザム横浜西口」さんが受け入れてくれていますので、定期点検がてらの修理入庫となりました。
ホースなどの手配も含んで約2週間ほど預けてましたね。

トラブルの原因は「おれの中で定番」のシリコンホース。
冷却サブタンクが某ショップのスーパー○次郎の初期モノで、冷却水ラインがシリコンホースだったのです。※今は対策品に変更されているそうです。
「ふん、やっぱりな」
と半ば呆れとあきらめの気分ですよ。
どーうしても使う必要があるところ以外はシリコンホースはできるだけ排除したい。

漏れてたときの写真は紛失してしまったのですが、

トップ画像のコンチネンタル製の燃料ホースで新たに引き直し。
温度や耐油、耐水、耐圧性能で選び、おれがお店に持ち込みしました。
タイヤメーカーのゴムなので安心かな、と思ってるのですがどうでしょう。
ブリジストン性のも候補に上がったのですが、一部条件が合わず断念。

残念ながら一部ホースの口径のサイズが合わずにシリコンホースの部分が30cmほど残ってしまいましたが・・・ここは追々。

ひとまずはこれで様子見です。

社外パーツ絡みのトラブルに対応してくれているオートザム横浜西口さんには感謝感謝です。

あとは定期点検で限界値を超えて減ったベルト交換。

新品はいいね。
気持ちエンジンが軽い(気のせい)。

ラテラルリンクのブーツも切れる前の予防整備してもらいました。

ロータリーエンジン車両2台持ちというアレな状況ですが、税制に負けないで大切に乗っていきたいと思います。

おすすめの記事