ども、おれです。

先日のプライベートレッスンですが

FC3S、FD3S、SE3Pと歴代ロータリーエンジン搭載車3台での受講でした。

その時の模様がトップの動画です。
ちょっとコース上でカラめたところをピックアップしてみました。

これが基本性能の差というヤツか。

いや、しかしFD3Sの性能はすごいですね。
FC3Sでは到底敵いませんよ。

あのライン取りで(失礼)17秒半で走っちゃうとは・・・
彼のベストが16秒半、プロが乗って15秒半。

すごく・・・速いです・・・

おれのFC3Sはノーマルエンジンにハイフロータービンをポン付けで純正ECUのROMチューン仕様。
パワーとしては願望290馬力(笑)、実際は250馬力くらいでしょうか?
タイヤは225の16インチのA052。
それに車高調+デフといったところのライトチューンといったところ。

でベストは14秒半です。
確かにタイム的にはウチの車の方が速いのですが、その内容・・・

この青い5型のFD3Sは、車高調+α以外どノーマル!
吸気もノーマル!
排気もノーマル!
タイヤは255の17インチのR1R。

A052クラスのタイヤ履いたらあっさり15秒、ライン取り諸々良くなったら14秒も入ってくるでしょう。

まさかな・・時代が変わったようだな・・(※脚注:FDも廃番から20年弱のネオクラです)

ランバ・ラル

そのモビルスーツの性能のおかげだという事を忘れるな!

おれも255履こう。

性能の違いが、戦力の決定的差ではないということを・・・教えてやる!

 

p.s.
今回、ミノフスキー濃度が高くなっているが、おれはORIGINからのニワカである!

おすすめの記事